甲類焼酎の美味しい飲み方

不純物を含まない純粋な甲類焼酎は、そのままストレートで飲むほかにいろいろな飲み物で割って飲まれています。酎ハイやサワー、カクテル、お湯割りなどのベースとして使われています。

サイトトップ > 果実酒で楽しむ甲類焼酎1

スポンサードリンク

甲類焼酎の美味しい飲み方

果実酒で楽しむ甲類焼酎1


果実酒のレシピに書いてある「ホワイトリカー」とは甲類焼酎の事です。においやクセのない甲類焼酎は、果実酒を作るのに最適です。ご家庭で楽しめる果実酒の作り方をご紹介します。

〈梅酒〉

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・青梅(キズがなく、黄色くなっていないもの) 500g
・氷砂糖 100~250g

1.青梅はきれいに水洗いして水気をしっかりふき取ります。
  竹串やつまようじをつかってヘタを取り除きます。
2.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンに、青梅と氷砂糖を入れます。
  甲類焼酎を注ぎます。
  ふたをして密閉し、直射日光を避けた涼しい場所に保管します。

約1ヶ月後から飲む事ができますが、3ヶ月後ぐらいがおいしい飲み頃です。
一緒に浸けた梅も食べられますよ。

〈いちご酒〉

・アルコール度数35%の甲類焼酎 900ml
・いちご 500g
・レモン 2~3個
・氷砂糖 50~100g

1.いちごはきれいに水洗いして水をきり、ヘタを取り除きます。
2.レモンは皮をむいて輪切りにします。
3.熱湯消毒してよく乾かした密閉できる保存ビンに、いちご、レモン、氷砂糖を入れます。
  甲類焼酎を注ぎ、ふたをして密閉します。
4.一晩経ったら、いちごとレモンを取り出してお酒だけを保存します。

1週間ほどで飲む事ができますが、1ヵ月後ぐらいがおいしい飲み頃です。
ほんのりピンクがかった色合いがとてもきれいですよ。
いちごの季節になったら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

甲類焼酎の美味しい飲み方

MENU



スポンサードリンク